担当医紹介

四谷 川添産婦人科の医師を紹介します。
東京ドクターズに院長インタビューが掲載されました。
当院の沿革、理念、大事にしていることについて紹介しています。

当院の沿革と理念


院長
力武 義之

外来担当医 (金曜日午後のみ)
力武 崇之











院長

医学博士  力武 義之
 日本産婦人科学会専門医
 母体保護法指定医
東京ドクターズ インタビュー

当院は初代の川添正道先生が1935年に新宿内藤町に創立しました。
その後、川添兼久が医院を継承し現在の左門町に移転し、ベビーブーム時代の
四谷の出産に携わりました。

1989年に私が継承し、2020年で創業85年を迎えます。
長く地域の方から愛されている「川添産婦人科」を継承し、地域の全世代の女性の健康に尽くします。

専門は産科・婦人科診療で、思春期から出産、更年期まで、
女性の生涯に寄り添った診療をおこなっています。
また、予期しない妊娠で苦しんでいる妊娠中期中絶手術にも多くの分娩の経験から安全に対応しています。
現在、山手線圏内にある個人クリニックで分娩まで扱う医院は数件となりましたが、 近隣には3大学病院や国立系の大きな8大病院があり、連携し助けて頂きながら診療をおこなっています。

最も大切にしていることは「安全で安心なお産ができる環境」を提供することです。
女性ひとりあたりの出産回数が減り、家族や地域の助けも得られない状況になり、お産がとても怖いもの、不安なものと思われるようになってきました。当院ではその点をできる限り安心してもらえるよう、経験のある医師、助産師、看護師が一人一人に寄り添ってなるべく自然な環境で出産・育児に臨んでいただくお手伝いをしたいと考えています。

安全で安心なおお産環境を提供することがスタッフも含め全員で心がけている理念です。

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:登山・里山歩き・ロードバイクによる林道走破
  •  
  • 好きな本・作家:志賀直哉・井上靖
  •  
  • 好きな言葉・座右の銘:無無明
  •  
  • 好きな音楽・アーティスト:クラシック音楽(リスト、ショパン)
  •  
  • 好きな場所・観光地:剣岳・志賀高原・軽井沢・東京都檜原村
1970年 日本医科大学卒
同大学産婦人科医局長・講師を経て、
1989年に当院副院長 2009年 院長


  (社)新宿区医師会 副会長
  (社)日本産婦人科医会 常務理事
  (財)日母おぎゃー献金基金 専務理事
  (社) 東京都医師会医療関係者対策 委員
  (財)かめのり財団 評議員

  新宿区医師会立看護高等専修学校 副校長



1970年 日本医科大学医学部卒業  
 
1972年  日本医科大学産婦人科学  助手
1974年  東京医科歯科大学麻酔科  助手
       東京都立府中病院麻酔科勤務
1981年  日本医科大学産婦人科   医局長
1982年  医学博士
       日本医科大学産婦人科学   講師
       川添産婦人科  副院長
1999年 (社)日本産婦人科医会  常務理事
2001年 
(社)東京都医師会医療関係者対策委員会  委員
2002年 (財)日母おぎゃー献金基金 専務理事 
2003年 (社)東京都新宿区医師会 副会長  
2009年 医療法人社団 川添記念会 理事長
      四谷川添産婦人科 院長
      (社)東京都新宿区医師会 監事
 

外来担当医

力武 崇之
 日本産婦人科学会専門医

当院 川添産婦人科にて出生
都立戸山高等学校卒
早稲田大学政治経済学部 政治学科卒
東邦大学医学部卒業後、同大学産科婦人科学講座入局
東邦大学医療センター大森病院 産婦人科勤務
現在 東京労災病院 産婦人科勤務

当院で生を受け、この左門町で育ちました。
金曜日午後の婦人科外来、妊婦健診外来、手術助手、当直医を担当します。

新宿区は多くの大病院、専門病院が立ち並ぶ一方で、かかりつけとして安心して受診できる
地域の産婦人科が少ないのが現状です。
妊娠、出産はもちろん、月経痛、月経不順、不正出血やおりものの異常、婦人科検診、
更年期の症状などについても、丁寧に診療いたします。
また、高度な医療が必要な場合は、適切な施設をご紹介いたします。

気になる症状があるときは、お気軽にご相談ください。

皆様の信頼に応える産科・婦人科医療を提供させていただけるように、
妊娠や月経のしくみに遡って、症状の原因と治療の必要性について説明いたします。

  • 出身地: 東京都新宿区 当院にて出生
  •  
  • 好きな本・作家: 夏目漱石 『私の個人主義』 内田百閨@H.ベルクソン
  •  
  • 好きな言葉: 「あらゆる芸術の士は、人の世をのどかにし、人の心を豊かにするがゆえに尊い。」 夏目漱石 『草枕』
  •  
  • 好きな場所:四谷見附の土手、神田古本屋街、早稲田高田馬場

 
















p